びわ湖環境ビジネスメッセ2010 & 2011

■元に戻す 


びわ湖環境ビジネスメッセ2010

当サイトへのリンクを設定される場合は、こちらのバナーをお使いください。

チームマイナス6%バナー

ENERGY GREENマーク びわ湖環境ビジネスメッセ2010で使用する電力のうち約7000kWhをバイオマス(5000kWh)と風力(2000kWh)の自然エネルギーで賄っています。

携帯サイトQRコード画像

 

携帯ブログはこちらから

携帯ブログQRコード画像

 

お持ちの携帯電話でQRコードを読み取ってアクセスしてください

出展者プレゼンテーション

会場内特設ステージで連日、出展者によるプレゼンテーションを開催!
各出展者の熱いトークで環境製品や技術・サービスについてわかりやすく聞けるチャンスです。

聴講は無料です。ただし、座席に限りがあります。

10月20日(水)

時間 発表者 小間番号 タイトル 概要
11:00〜11:25 大阪ガス株式会社 A−01 低炭素社会実現に向けた次世代型燃料電池(SOFC)の取り組みについて あなたのご家庭で電気とお湯をつくり、CO2も無駄も減らすことができる家庭用SOFCシステム。小型のため、スペースに制約のある戸建住宅や集合住宅への設置性にも優れています。
11:30〜11:55 メニックス株式会社 B−19 CADを使って設計業務のエコ(効率)を考える 意外と知らない操作、設計変更が『楽』になるテクニックや、オペレーションのちょっとした工夫などで設計業務を効率よくすることでエコしよう!!
13:00〜13:25 関西電力株式会社滋賀支店 A−40 電気と環境 地球のために私達ができること 地球温暖化の現状をわかりやすくご説明し、さまざまな環境負荷低減のための方法をご紹介致します。
13:30〜13:55 上西産業株式会社 F−05 『リサイクルプランター』の開発と普及活動 廃棄プラスチック資源を再利用した『リサイクルプランター』の共同開発と、循環型社会を目指した『エコ製品』の普及活動を紹介をします。
14:00〜14:25 有限会社多賀植物園 D−07 三位一体の広告緑化“エコツリー” 観葉植物の鉢に広告をつけ、広告料により植物を設置するビジネスモデルです。場所の提供者は、無償で癒し空間の提供と緑化活動に参加頂けます。
14:30〜14:55 株式会社熊本清掃社バイオプラザなごや G−10 食品リサイクルの安心安全な有機肥料について 生ごみを資源として考え、リサイクルにより安心安全な肥料として生まれ変わらせた“グリーンサプリ”についてご紹介します。
15:00〜15:25 株式会社プランアンドテクニック K−29 エコロジーでエコノミーな「eco井戸」 省スペースに迅速な設置が可能で手押しポンプで地下水をくみ上げ、平時には水の有効利用、災害時には自己水源として活躍します。地球に負荷をかけない潤いのある暮らしを提案します。
15:30〜15:55 旭化成グループ C−15 旭化成グループの水処理ソリューション 工場の用水排水コストダウンの水処理ソリューションをご提案します。地下水等飲適化処理(LIFESPOT)、排水回収(TRANSWATER)、汚泥減容(SEAS)等

10月21日(木)

時間 発表者 小間番号 タイトル 概要
11:00〜11:25 株式会社日本トリム G−08 ウォーターヘルスケアという新習慣。 トリムウォーターは、水道水に含まれる塩素や鉛などを除去し、さらに電気分解することによって陰極側に生成されるアルカリ性で還元性を持つ水素を豊富に含んだ水です。
11:30〜11:55 パイフォトニクス株式会社 K−23 エコに一直線!LED照明装置「ホロライト」 ホロライトは、軽量小型な装置から太陽光線と同様の擬似平行光を発生できるLED照明装置です。本発表では、ホロライトを用いた各種応用事例についてご紹介します。
13:00〜13:25 株式会社ホンダソルテック A−11 未来へ、地球にやさしいHondaの発電力。 エコライフの未来を描く、Hondaの次世代エネルギー。銅、インジウム、ガリウム、セレンの化合物半導体を発電層に使った、次世代型CIGS薄膜太陽電池のご紹介です。
13:30〜13:55 株式会社京阪エンジニアリング A−56 間伐材・廃材を安全に焚ける新型薪ストーブ 業界でも注目される「ゆったりとした美しい炎」が特徴的なベルギー製薪ストーブ。間伐材・廃材等の針葉樹を安全に焚ける多次燃焼システムについてご紹介します。
14:00〜14:25 株式会社井之商 SR−06 太陽光を照明に。「究極のエコ照明」 CO2削減の切り札、太陽光照明装置。「スカイライトチューブ」の実際の施工例をお見せしながら分かりやすく紹介致します。
14:30〜14:55 京大ADMIRE計画・名大HVEM先端研究施設共用促進事業 I−10 京大ADMIRE計画及び名大HVEMの事業紹介 京大・名大は、大学が保有する最先端分析機器を広く開放し、物質的・人的技術の両面から環境産業の発展に貢献します。
15:00〜15:25 株式会社山久 B−18 省エネ法改正と「管理標準」作成のポイント 4月に施行されました省エネ法改正のポイントと「管理標準」作成のポイント及び省エネ機器のご提案をさせていただきます。

10月22日(金)

時間 発表者 小間番号 タイトル 概要
11:00〜11:25 株式会社アイテス K−11 GreenDeviceへの取り組みについて GreenDeviceのものづくりに関する様々な技術課題を解決すべく、独自の解析・評価手法を用いた技術サービスを行っております。事例を交えて、その取組みをご紹介いたします。
11:30〜11:55 滋賀特機株式会社 A−25 「電気の見える化」と当社の電力削減事例 オフィスビル(自社ビル)における「電気の見える化」への取り組みと、自社開発製品のデマンドコントローラによる電力削減事例をご紹介します。
13:00〜13:25 株式会社近畿分析センター C−18 中国RoHS指令の最新情報 当社が提携している中国の分析機関の情報や、実際に現地へ出向いて調査した資料を元に、中国3C認証を含む中国RoHS指令に関する最新の情報をご提供致します。
13:30〜13:55 株式会社SION D−10 環境負荷を軽減する間伐材や木質廃材の利用 間伐材や木質廃材で環境に負荷を与えない製品化を行い、環境配慮型の街づくりや木質再資源化による企業向けゼロ・エミッションプランをご提案致します。
14:00〜14:25 京都信用金庫[株式会社SKY・ライフ] B−14 乳酸菌使用の家畜飼育有機農業の実証例 抗生物質成長ホルモン不使用の家畜飼育は、乳酸菌の免疫力の増強で実現し肉の旨みが上昇。また微生物農薬として果樹・野菜に働き、甘味みが上昇し有機農業を促進。
14:30〜14:55 京都信用金庫[株式会社OCS] B−14 味覚センサーによる地域食材のブランド化 世界初の技術である味覚センサーを用いた地域食材のブランド化手法について全国の具体的事例を紹介しながらご紹介いたします。農産物から加工品まで画期的な戦略ツールです。