出展者情報

ヤマダインフラテクノス株式会社
小間番号 BS-28
住所 〒476-0002
愛知県
東海市 名和町石塚12-5
担当 技術管理部 深谷 亘
TEL 052-604-1017
FAX 052-604-6732
URL 出展者のホームページへ
一般社団法人日本鋼構造物循環式ブラスト技術協会
小間番号 BS-28
住所 〒476-0002
愛知県
東海市 名和町石塚12-5
担当 監事 鈴木 実
TEL 052-604-1017
FAX 052-604-6732
URL 出展者のホームページへ

出展内容 ■循環式エコクリーンブラスト工法
■NETIS登録:CB-100047-VE
■産業廃棄物を極限まで削減したブラスト工法
カタログ等データ 循環式エコクリーンブラスト工法(VE版).pdf
循環式エコクリーンブラスト工法(英語版).pdf

こんな方にぜひ見ていただきたい!

・鋼製橋梁における重防食塗装への塗替え工事の設計・発注担当者様

・旧塗膜に鉛やPCB等が含有しており、処理方法・安全対策などでお困りの方

・産業廃棄物を極限まで減らす工法で、経済的かつ効率的に解決します

・ご来場の際にはぜひともお寄り下さい

一緒にやりませんか?

出展内容詳細・アピールポイント

・ブラスト工法とは、鋼製橋梁の長寿命化に不可欠な重防食塗装への塗替え工事に採用され、古い塗装とサビを

 完全に除去するために研削材を塗装面に投射して削りとる工法です。当社はこの研削材に、粉砕せず分別再利用が

 可能な金属系研削材を採用することで、これまで非金属系研削材の粉砕により大量に発生していた産業廃棄物を、

 剥した塗装カスのみに抑えることを可能とした「循環式エコクリーンブラスト工法(国土交通省新技術情報提供

 システムNETIS CB-100043-VE 活用促進技術)」を開発しました。

・この産業廃棄物の大幅削減は、その輸送と処理にかかるコストとCo2排出量の大幅削減にもつながります。

・島国である日本には産業廃棄物処理地にも限りがあります。私たちは可能な限りゴミの発生を抑えて未来にツケを

 残さない事が大切です。そして限りある予算の中で、今ある社会資本を良好な形で未来に残すことこそ

 ものづくりに 携わる者の宿命であると考えます。

・当社は、“ゴミを減らして世界を変える!!”を合言葉にこの「循環式エコクリーンブラスト工法」を世の中に広く

 アピールし普及させながら、ゴミの削減を訴え続けていきます。エコクリーンは未来のために・・・。